おすすめサービス&アイテム

[2020]オフラインで使える翻訳機の最新おすすめランキング!精度が高いのは?

[2020]オフラインで使える翻訳機の最新おすすめランキング!精度が高いのは?

言葉の通じない国でより深いコミュニケーションを取る際に役立つのが『翻訳機』です。

翻訳機の多くはsimカードを刺してオンライン上のクラウドにアクセスして”音声”を外国語に変換してくれるのですが、電波がない場所や建物の中では役に立たなかったり・・・という事も。

そこで注目されているのがオフラインで使える翻訳機。

オフラインで使える翻訳機といっても

  • 普段はクラウド接続して使うものでも、電波がない場所ではオフラインで使える機種
    (オフラインのみの仕様も可)
  • オフラインオンリーでの使用出来る機種

この2タイプあるのですが、ここではそれらの機種の中でも”オフラインでの性能”に絞り使いやすさや精度を調査しランキング付けしました!

オフラインで使える翻訳機のおすすめランキング

1位 MINITALK T11

中国ブランド「LERANDA」のオンライン(SIMカードは入らずネットワークはWiFi接続)とオフラインの両方で使えるハイブリット型の翻訳機です。

多くのオフラインで翻訳出来る機種の中、こちらはオフライン翻訳の精度が一番高いと評判の機種です!

オフラインでの使用は辞書のダウンロードが必要ですが、予めやっておけば問題なし!

オフラインでの利用可能言語が多いことやレストランのメニューの読解に役立つカメラでの読み取りも可能であることなどもポイントです。
(写真翻訳機能はオンラインのみ)

機種名 LERANDA MINITALK T11
重量 100g
オフラインでの対応言語 8ヶ国語(日本語、中国語、英語、韓国語、フランス語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語)
カメラの有無 有り
連続稼働時間 約8時間
連続待受時間 約180時間


2位ワールドスピーク HYP10

オンラインでの対応言語(155カ国語)、オフラインでの対応言語(15カ国語)が他機種よりも圧倒的に多いこちら。

simカードを入れてオンラインで使えるハイブリット型であるばかりでなく、WiFiルーターとしても使える便利な一台です。

2位になった理由は

  • オフラインでの翻訳精度が1位の「 T11」より若干低い
  • 写真翻訳機能が無い
  • ちょっと大きい

この3つから。

この「ワールドスピーク HYP10」は対応言語が多いので行く地域によってはこちら1択になる事もあるかもしれませんね。

機種名 ワールドスピーク HYP10
重量 123g
オフラインでの対応言語 日本語からは15言語(中国語(簡体字)、オランダ語、英語(全5言語)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語(全2言語))
カメラの有無 なし
連続稼働時間 約30時間
連続待受時間 約110時間


3位  ili(イリー)


こちらは完全オフライン型の翻訳機で日本語入力のみの一方向(片方向)型と機能が限定された翻訳機になります。

割り切った機能によって実現した簡単な操作、コンパクトさ、レスポンスの速さ、精度の高さから3位となりました。

特に海外旅行で使うようなワンフレーズの言葉に限ればかなり精度が高いです。

しかしながら長文は苦手、対応言語が少ない、日本語入力のみの一方向、などのウェークポイントもあります。

どのように使うかがはっきりしていて目的と合うようであれば

機種名 オフライン音声翻訳機 ili(イリー)
重量 42g
オフラインでの対応言語 3ヶ国語(英語・中国語・韓国語)
カメラの有無 なし
連続稼働時間 約3時間
連続待受時間 約72時間



・ 4位 arrows hello AT01


オンライン28言語、オフライン3語の音声翻訳に対応した機種です。

オフラインでの対応言語は3ヶ国と少ないものの、上記3機種に次ぐ翻訳精度で4位になりました。

オンラインはsimが入らないWiFi接続のみ、カメラ翻訳も可能です!

機種名 KAZUNA eTalk 5
重量 101g
オフラインでの対応言語 3ヶ国語(日本語、英語、簡体字中国語)
カメラの有無 あり
連続稼働時間 約6.3時間
連続待受時間 約280時間

・ 5位 KAZUNA eTalk 5
73言語の音声翻訳、8言語のカメラ翻訳に対応しオフライン翻訳も可能な機種です。

公式サイトで有償アップデートすることで音声翻訳112言語・カメラ翻訳55言語まで対応言語を増やせます。

大きな画面でWiFiルーターとしても使えて高コスパとポイントが多いのですが、肝心のオフライン翻訳精度が低いので5位となりました。

機種名 KAZUNA eTalk 5
重量 123g
オフラインでの対応言語 8言語(日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語)
カメラの有無 あり
連続稼働時間 約6時間
連続待受時間 約48時間

計5機種紹介してきました。

今回ランクインしませんでしたが、この他にもオフラインでもハイブリット使える翻訳機がいくつかあるので紹介します。

・Langogo Genesis


機種名 Langogo Genesis
重量 115g
オン・オフラインでの対応言語 オンライン104言語・オフライン4言語(英語・日本語・中国語・韓国語)
カメラの有無 なし
連続稼働時間 約6時間
連続待受時間 約7日間

・Mayumi3

機種名 Mayumi3
重量 125g
オン・オフラインでの対応言語 オンライン85言語・オフライン8言語(日本語、中国語、英語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語)
カメラの有無 あり
連続稼働時間 約7時間
連続待受時間 約168時間

こういった機種もあります!!

そもそもオフライン翻訳機を使う理由って?

最近ではスマホにも翻訳アプリがインストール出来ますが、わざわざ翻訳機を使う理由には

✓ スマホの電池の持ちを長引かせられる
✓ アプリより精度が高い
✓ スマホを他人にあまり近づけたくない
✓ スムーズに双方向のやり取りが出来る

というのがあると思います。

そしてその中でもオフラインで使えるものを選ぶ理由には

  1. 電波がない、もしくは不安定なところに行く
  2. simの手続き、設定がややこしい

という理由が大きいのではないでしょうか?

①の理由であれば仕方ありませんが、②の理由なら簡単に使える精度の高いオンライン翻訳機のレンタルを利用するというのも1つの方法です!

レンタルであれば

・面倒な設定は全て済んだ状態で電源を入れてすぐ利用可能
・利用する空港で受け渡し&返却

旅行の時しか使わないのであれば購入するよりずっと安く上がるレンタル翻訳機を利用してみてはいかがでしょうか?

↓おすすめは翻訳機No1の人気モデルの『ポケトーク』。


オフラインで使える翻訳機のおすすめランキングまとめ

オフライン翻訳機はオンラインのもの(ハイブリットも含む)に比べどうしても精度が低いのですが、最近ではその制度も大分向上してきています。

機種によって機能や対応言語が違うので使用目的今一度確認してみると良いですね。

そして”手軽に・安く・精度の高い”翻訳機を使いたい!という方はレンタルも検討してみるのもいいかもしれませんよ。

最適の翻訳機を見つけてみてください!